プログラミングする理由は?楽しいとか生存戦略以外で。

最近プログラミングばっかりしてる。なんで半年前みたいにネットワークなんかのインフラに触れないのか。来春から CE なのに。考えてみたので書く。

ネットワーク技術に飽きたわけではない。

別にネットワークに興味が無くなったわけではない。半年前の就活してるときと同様に、ルータ繋いだりスイッチでトランクリンクしてれば楽しい、Wireshark も熱い。それで技術身に付けば生存戦略にもなる。Oh!良いことだらけですやん。でもプログラミングばっかりしてる。なんでやねん。…そもそもここまでプログラミングをするキッカケは何か。時間を戻して考える。

キッカケは卒研

キッカケは卒研だと思う、ほんの半年くらい前から。もともと今の卒研室を選んだ理由は比較的ユルい卒研室だったから、ハッキリ言って卒研はテキトーにこなすつもりだった。
で、ネットワーク技術の勉強しつつ研究にからめようかなーなんて思ってたけど、良案が浮かばなかった。仕方ないからテキトーに何か作ろうと思った、資格の勉強に力を入れたかった。運良く良書も見つかったし、よーし作ろうか。

プログラミングにハマる

まー色々アイディアがあったり挫折したりあったけど、アイディアが固まって実装しはじめた。
それが楽しいってレベルじゃなかった。アイディアを実現してるって感覚が、もう脳汁ダラダラでたまらん。
特に、はじめてクラウド上にデプロイしたときは氏ぬかと思った。嬉しいとかそういうんじゃなくてエポックメイキングだった。「ちょwwwこれ地球の裏側にデプロイしてるんだぜwwwパネェwww」
そんな感じでずぶずぶハマって今に至る。もはや資格のこととかスッカリ忘れちゃったしー。

プログラミングは楽しいとかそういうんじゃない。なんていうか…

そんなかんじ。ネトゲにハマってるときに似てる。楽しいってだけじゃない。「〇〇だからする」じゃなくて「〇〇なのにする」。
そうかこの感覚は…恋?!

そうか…!プログラミングに恋してるんだ!

おわりに

オチつけようと変なこと言ってますがあながち間違っても無くて、ホントに廃人とかそういう感じなんだと思う。
生存戦略とか進路とか、プログラミングを前にすれば割とどうでも良くて、今作ってるものを良くしていきたい。それだけなかんじ。